Follow Webジャンクション効果 on WordPress.com

ご依頼される前に

ご依頼をされる前に留意して頂きたい点がいくつかございます。
どうかご一読のほどお願いいたします。

  • 当サービスは、必ずしもすべてのデータの復活をお約束するものではありません。

    ハードディスクの損傷状況によっては、復旧できないファイルも生じる可能性があります。また、復旧できてもファイル名が文字化けする、あるいはファイルの一部が破損して開く事が出来ないという可能性もあります。

    また、著作権保護されたデータ(ダウンロードした音楽や録画した地デジ等)の復旧はできません。一部経理ソフトのデータの復旧もできない場合があります。(「上手くんα」のデータは復旧できない場合があります)

  • データ復旧作業はハードディスクにダメージを与えます。

    そのため、作業後のハードディスクのコンディションはお預かり前と比較して悪化した状態でお返しせざるを得ません。

    お客様の中には当店でデータ復旧が不調だったら他のデータ復旧業者様へ依頼される段取りでお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、特にハードディスクから「コツンコツン」「ゴロゴロゴロ」といった異音が発生する場合は最初から他のデータ復旧業者様へご依頼される事をお勧めいたします。

    異音がするのは、ハードディスクの末期症状です。「ダメだったら他所へ頼めばいい」とはならない事を念頭にご判断下さい。

  • 秘密保持誓約書等への署名をお求めの場合は、必ず作業開始前の読み合わせをお願いいたします。

    作業開始後の署名は応じかねますので、よろしくお願いいたします。

  • ハードディスクの破損状況によっては作業に時間がかかる場合があります。

    一概には申し上げられませんが、ハードディスク容量100GBあたり1日くらいの目安で見て頂けたらと思います。進捗が5割を超えた時点でお知らせいたします。

  • データ復旧作業完了後、サンプルとしてお客様ご指定のファイルを5個お送りいたします。

    先に申し上げた通り、当サービスは、必ずしもすべてのデータの復活をお約束できるものではありません。

    従いまして、復旧できないファイルや復旧してもファイル自体が破損して開けなかったりファイル名が文字化けするケースもあります。
    場合によっては「大部分のファイルは問題ないけど、一番復活して欲しかったファイルだけが開けない」というケースもあるかもしれません。

    そこで当店では、データ復旧作業が完了いたしましたら、取り出せたファイル名の一覧をお送りいたします。

    それらのファイルの中から「お客様にとって特に重要なファイル5個」をご指定下さい。

    その5個のファイルをサンプルとしてお送りいたします。
    それらのファイルが開けるかどうかご検証下さい。その結果から復旧したデータを受け取るか、それともキャンセルするかご検討の判断材料として下さい。

  • お客様とのやり取りに暗号化ソフト「アタッシェケース」を使用します。

    取り出せたファイル名一覧及び、お客様ご指定のファイル5個を送信する際に使用します。ダウンロードは無料ですので、予めインストールをお願いいたします。
    なお、職場PCへのソフトのインストールが禁止されている場合は、別途ご相談下さい。

    ダウンロードページはこちら

 

料金体系

工賃 納期
HDD
(NASを除く)
エコノミーコース 20,000円
2~3日程度
スタンダードコース 40,000円 10日前後
SDカード・USBメモリ 5,000円 2~3日程度

上記工賃に加え、下記料金が発生します。


  • 引き取り・納入等でお客様のところへ出張訪問した場合、訪問エリアに応じた出張料金が発生します。

  • 取り出したデータは、原則として新品HDDに収納してお渡しいたしますが、その新品HDD代は実費請求させて頂きます。

作業キャンセルとなった場合の工賃は不要です。(NAS等RAID構築されたハードディスクは除きます)

 

復旧作業の流れ

PC・外付けHDDの場合

(ケースバイケースで細部は異なります。)

PC・外付けHDDを起動し、症状を確認します。(その際、お客様からも症状のヒアリングをさせて頂きます。)
PC本体・外付けHDDのケースからHDDを取り出します。
取り出したHDDをデータ復旧作業用PCに取り付け、HDDの読み込みができるか確認します。
HDDの読み込みが出来た場合(ほぼ100%のデータ取り出しが可能です)
HDD内のデータを他のメディアへコピーします。(使用するメディアはDVD、USBメモリ、SDカード、新品HDD等。データ量に応じて最安なメディアへコピーを行います。)
データを収納したメディア及びお預かりしたPC・HDDをお客様へ引き渡します。(工賃はエコノミーコースが適用となります。)
HDDの読み込みが出来ない場合(全てのデータは取り出せない場合があります。また、破損して開けないファイルが含まれる場合もあります。)
HDDを丸ごと他のHDDにコピーします。ただし、読み込みエラーが発生した領域はスキップしてコピーを行います。
以後、お預かりしたHDDではなく、このコピーしたHDDを使って作業を行います。(お預かりしたHDDへのダメージを最小限にとどめるための措置です。)
HDDをPCに接続してデータの読み込みが出来るか確認します。
HDDの読み込みが出来た場合
取り出せたファイル名一覧を記載したテキストファイルを暗号化した上でメールにてお送りいたします。暗号解除のパスワードは別途FAXにてお送りいたします。
それらのファイルの中から特に必要なファイル5個をお選び下さい。
お選びいただいたファイル5個をサンプルとして暗号化した上でメールにてお送りいたします。
サンプルとしてお送りしたファイルが開けるかどうかご確認下さい。
前述の通り、取り出したファイルの中には、破損して開けないファイルが含まれる可能性がありますので、このまま復旧作業を継続するか、それともキャンセルするかの判断基準としてご検討下さい。
引き続き復旧作業をご依頼くださる場合、HDD内のデータを他のメディアへコピーします。(DVD、USBメモリ、SDカード、新品HDD等。データ量に応じて最安なメディアへコピーを行います。)
データを収納したメディア及びお預かりしたPC・HDDをお客様へ引き渡します。(工賃はスタンダードコースが適用となります。)
復旧作業がキャンセルとなった場合は、お預かりしたPC・HDDのみお渡しいたします。
依然としてHDDの読み込みが出来ない場合
パーテーション復旧ツールを用いて、復旧を試みます。
それでも復旧できない場合、データ復旧ツールを用いて復旧を試みます。この場合
  • ファイル名が文字化けし、またファイル作成日付も変わってしまう場合もあります。
  • フォルダ構造も消えてしまいます。
  • PC内蔵HDDの場合、Windows本体やソフトウェア自体のファイルも混入する場合もあります。
といった状況になるケースもある事を予めご承知おき願います。
前述の「ファイル名が文字化けしたファイル」に関しては、削除済みファイルの可能性が高いので、そういったファイルやWindowsやソフトウェア自体の「データではない」ファイルを選別して除外する事も可能ですので、その際はご相談させて頂きます。
取り出せたファイル名一覧を記載したテキストファイルを暗号化した上でメールにてお送りいたします。暗号解除のパスワードは別途FAXにてお送りいたします。
それらのファイルの中から特に必要なファイル5個をお選び下さい。
お選びいただいたファイル5個をサンプルとして暗号化した上でメールにてお送りいたします。
サンプルとしてお送りしたファイルが開けるかどうかご確認下さい。
前述の通り、取り出したファイルの中には、破損して開けないファイルが含まれる可能性がありますので、このまま復旧作業を継続するか、それともキャンセルするかの判断基準としてご検討下さい。
引き続き復旧作業をご依頼くださる場合、HDD内のデータを他のメディアへコピーします。(DVD、USBメモリ、SDカード、新品HDD等。データ量に応じて最安なメディアへコピーを行います。)
データを収納したメディア及びお預かりしたPC・HDDをお客様へ引き渡します。
復旧作業がキャンセルとなった場合は、お預かりしたPC・HDDのみお渡しいたします。

NASの場合

NASに関しては、別途その都度見積もりとなります。

USBメモリ・SDカードの場合

「使うにはフォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」という警告が出てUSBメモリやSDカードが読み込めない場合、他のパソコンで読み込める場合もありますので、お持ち込みの前にお試し下さい。

 

USBメモリ・SDカードをデータ復旧作業用PCに繋げて、認識するか確認します。認識できた場合のみ、以後の作業に進みます。
USBメモリ・SDカードを丸ごと他の記録メディア(HDD・USBメモリ等)にコピーします。ただし、読み込みエラーが発生した領域はスキップしてコピーを行います。
以後、お預かりしたUSBメモリ・SDカードではなく、このコピーした記録メディアを使って作業を行います。(お預かりしたUSBメモリ・SDカードへのダメージを最小限にとどめるための措置です。)
データ復旧ツールを用いて復旧を試みます。この場合
  • ファイル名が文字化けし、またファイル作成日付も変わってしまう場合もあります。
  • フォルダ構造も消えてしまいます。
といった状況になるケースもある事を予めご承知おき願います。
前述の「ファイル名が文字化けしたファイル」に関しては、削除済みファイルの可能性が高いので、そういったファイルやWindowsやソフトウェア自体の「データではない」ファイルを選別して除外する事も可能ですので、その際はご相談させて頂きます。
取り出せたファイル名一覧を記載したテキストファイルを暗号化した上でメールにてお送りいたします。暗号解除のパスワードは別途FAXにてお送りいたします。
それらのファイルの中から特に必要なファイル5個をお選び下さい。
お選びいただいたファイル5個をサンプルとして暗号化した上でメールにてお送りいたします。
サンプルとしてお送りしたファイルが開けるかどうかご確認下さい。
前述の通り、取り出したファイルの中には、破損して開けないファイルが含まれる可能性がありますので、このまま復旧作業を継続するか、それともキャンセルするかの判断基準としてご検討下さい。
引き続き復旧作業をご依頼くださる場合、残りのデータを他のメディアへコピーします。(DVD、USBメモリ、SDカード等。データ量に応じて最安なメディアへコピーを行います。)
データを収納したメディア及びお預かりしたUSBメモリ・SDカード等をお客様へ引き渡します。
復旧作業がキャンセルとなった場合は、お預かりしたUSBメモリ・SDカード等のみお渡しいたします。