LINE@でもご相談
受け付けてます!
友だち追加

なぜWebジャンクション効果がつくるHPはダサいのか?

なぜなら、それが経営者の熱い思いを伝える最善の手法であると考えるからです。

 

零細企業HPが大手に打ち勝つにはコレしかない、Webジャンクション効果はそう考えます

 

・・・・などど、こんなコト書くと「プロに頼もうと思ってここに来たのに、ダサいHPを作るとは何事だ!」と怒られるかも知れませんね。
でも、あなたがここに来られたのも、きっと何かの縁。ちょっとだけ私の話しにお付き合い頂けませんか?

あ、申し遅れました。私、当サイトの運営元であるWebジャンクション効果の最高雑務責任者・五十嵐 敦と申します。
このページの左側につぶやきや顔写真(一部加工していますが)など掲載していますので、そちらの方をご覧頂ければ人となりなどある程度見えてくるかと思いますので、ここでは割愛させて頂きます。

さて、話を戻しまして、Webジャンクション効果では、Webサイトにコンテンツ管理システム(CMS)という仕組みを組み込む事により、
  • HP作成ソフトなしでも自力で更新できて、
  • 更新する人も閲覧する人もワクワクできて、
  • SEOに強い!そして品質スコアにも強い!テキスト埋込型デザイン
を兼ね備えたWebサイトの製作を行なっております。

そんなWebジャンクション効果が提唱する「ダサいHP」とは一体なんなのか?一言で言えば、

芸術作品としてのWebサイトではない営業ツールとしてのWebサイト
という言い方が出来るかと思います。

元来Webサイトは「稼ぐ為のツール」です。

だったら大企業のマネして、スマートな(だけど想いは伝わらない)Webサイト作ったってしょうがないですよね。
泥臭くってもいいから、暑苦しいくらい熱い想いを伝えましょうよ!そうでもしなきゃお客さんは振り向いてすらくれないんだから、というそんな想いを込めたのが、一見ネガティブなイメージに聞こえるかもしれない「ダサいHP」なのです。

ちなみに当Webサイトでは、各ページの下部に、そのページの評価を訪問者様が行える仕組みを組み込んでいます。
そして、最近気がついたのですが、キレイに取り繕ったタテマエ的な文章よりも、ホンネや想いを織り込んだ文章の方が高い評価を頂いているように感じます。

そんな経験からもHPに想いを書けば、それは必ず訪問者に伝わると確信しているのです。

あなたの想いを書く事は他の誰かには出来ません。それができるのはあなただけです。
だからWebジャンクション効果は「自力で更新できるWebサイト」の製作にこだわり続けています。

 

このような企業様にオススメします!(^^)b

 

  • ネット上で積極的に情報発信をお考えの企業様
  • 「ウチはなんの特徴もない平凡な会社だし」とお考えの企業様
    (オンリーワンは必ずあります!一緒に掘り起こしましょう!)
  • HPを開設後も「育て上げていく」という考え方をお持ちの企業様

 

逆にこのような企業様にはオススメしません

 

  • グーグラビリティ(Webジャンクション効果は、いわゆるSEO対策をこのように呼んでいます)さえ向上させれば儲かるとお考えの企業様
  • HP開設後、特に手を加える予定のない企業様

コメントを残す