WindowsLiveメールが起動しないときの対処方法

Webジャンクション効果をフォローしてね!
先日当店に「メールソフトが起動しない」というPCが持ち込まれました。

OSはWindows7、メールソフトはWindowsLiveメール2011、症状としては起動しようとしても下記のように「お使いのカレンダーに破損されているデータが含まれているため、WindowsLiveメールが強制終了しました。」というダイアログが表示されて起動しないというものです。

▲ こんなメッセージが出てくる時の対処方法です


ググってみると「こういうのはWindowsLiveメールをインストールしなおせば直る」とありました。


が!WindowsLiveメールは2017年現在、サポート終了し、マイクロソフトHPからもダウンロードできない状況となっており、再インストールという手段は困難な状況でもあります。

というか、本来であれば「WindowsLiveメールはサポート終了したので、別のメールソフトに移行しましょうね」という話なのですが、諸事情あって自己責任でWindowsLiveメールを使い続けたいという方もいらっしゃる事でしょう。という事で上記ダイアログが出てきた場合の対処方法を説明いたします。

原因はダイアログが言っている通り、WindowsLiveメールのスケジュール管理機能「カレンダー」のデータが破損して、それがWindowsLiveメールの起動を妨げている、という感じになっているものと思われます。

そんな訳なので、この「カレンダー」のデータを破損前の状況に戻すもしくは初期化すればWindowsLiveメールは立ち上がるようになるはずです。
ただ、これから紹介する方法は「カレンダー」のデータをいじる以上、WindowsLiveメールに登録済みのスケジュールの一部もしくは全部が失われる可能性が大である事はあらかじめご了承ください。


■■■ 方法その1 カレンダーのデータを過去に戻す ■■■
※そもそもWindowsLiveメールでスケジュール管理を行っていないという方は「方法その2」へどうぞ。そちらの方が手っ取り早いです。
まず、WindowsLiveメールのデータ保存フォルダに移動します。場所は「C:\Users\<<アカウント名>>\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail」になります。このフォルダ内にある「Calendars」フォルダを右クリック→プロパティをクリックします。

▲ 「Calendars」フォルダのプロパティを開きます


プロパティが開いたら「以前のバージョン」をクリックし、WindowsLiveメールが問題なく開いてた日時を復元してください。
(できれば、復元後PCを再起動した方がより確実かも?)
なお、WindowsLiveメールに保存したスケジュールのデータも、復元した日時以後に更新した分は消えてしまう(と思われます)ので、WindowsLiveメールが問題なく開けてた日時よりちょっと後くらいの復元から初めて、ダメだったらもう一つ古いバージョンの復元を試みるというやり方の方が失うスケジュールデータを最小限にとどめられるかと思います。



いかがでしょう?
WindowsLiveメールは起動するようになりましたでしょうか?

「一番古いバージョンに戻しても起動しないよ~」
「てか『利用可能な以前のバージョンはありません。』って出てきて戻すこと自体出来ないよ~」
という方は引き続き「方法その2」へどうぞ。

■■■ 方法その2 カレンダーのデータを初期化する。 ■■■

タイトルにある通り、この方法はデータをまっさらにしますので、WindowsLiveメールに登録したスケジュール情報はすべて消えてしまいます。(実際に検証した訳ではないので断言できませんが、理屈上は消えるはず。)
でもWindowsLiveメールが起動しない事にはどっちみちスケジュール情報は見れないんだから、それだったらWindowsLiveメールだけでも起動した方がまだマシでしょ?という考え方のもと話を進めさせて頂きます。


まず、「方法その1」と同様にWindowsLiveメールのデータ保存フォルダに移動します。場所は「C:\Users\<<アカウント名>>\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail」になります。

開きましたら、「Calendars」フォルダを丸ごと削除します。 これでWindowsLiveメールは開くようになるはず、です。


コメントを残す